大人のたしなみ blog

映画、読書、旅日記をつれずれなるままに

ディープ・ハウス

アメリカ映画では考えられないバッド・エンド。 ほとんどが水中で、見ていて息苦しくなった。湖底と悪霊を掛け合わせた切り口は、斬新だった。 まだまだ、低予算映画にも未来はありそうだ。

お金がたまる人はなぜ部屋がきれいなのか

タイトルと内容が大きくかけ離れていたのは残念。 ファイナンシャルプランナーの本は、どれも内容が同じ。 仕事をトータルで書くので、こうなってしまうのだろう。

公認会計士が教えるお金の増やし方大全

著者の過去作に書かれた内容まんまだった。・気になった箇所 入るべき保険は「生命保険」「火災保険」「自動車保険」の3つです。なぜなら発生する確率が低く、損害が大きいからです。

モリコーネ 映画が恋した音楽家

モリコーネ 映画が恋した音楽家最高の作品だった。 音楽が作品にどれだけ影響を与えるを示した人物。セルジオ・レオーネとのエピソードには感動した。 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」を見直してみたくなった。

ビースト(DVD)

ビーストライオン対人間。 単純なストーリーで最後まで楽しめた。主人公が医師という設定も、上手く機能していた。 アフリカが舞台というのもワクワクした。

あなたを殺すサイコパス

あなたを殺すサイコパス 松井住仁(著)タイトルの付け方が上手かった。 サイコパスは、身近にいるのがよくわかった。 被害を最小限にしていく生き方が大切。

NOPE/ノープ(DVD)

NOPE/ノープ事前情報なしで見たので、意味がさっぱりわからなかった。 この監督の作品は、どんどん酷くなる。チンパンジーのエピソードは何だったのか? UFOとの戦いも、前半の中途半端な展開のせいでイマイチ楽しめなかっ

すずめの戸締まり

すずめの戸締まりとにかく、面白かったし泣けた。 地震というテーマを、エンターテイメントに仕上げた新海監督は素晴らしい。もちろん、映像美は文句なし。 ここ数年見た作品の中でも、ベストと呼べる1本だった。

ブレット・トレイン(DVD)

ブレット・トレインコミックみたいなアクション作品。 正直、このノリにはついて行けなかった。メイキングを見ると、役者たちは楽しそうだった。 日本からは、真田広之が参戦。 ハリウッドで活躍してるのが、嬉しい。

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(DVD)

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者過去のシリーズ出演者が大集合。 見所満載だが、驚きはなかった。しかし、技術の進歩は目覚ましい。 違和感なく、恐竜が躍動していた。 ブルーが登場するラストも、上手い終わり方だった。

ルキノ・ヴィスコンティの世界(DVD)

ルキノ・ヴィスコンティの世界映画と同じく、舞台演出を多く手掛けているのは知らなかった。作品のテーマとして、同性愛を多く描いていた。 母親への愛情も強かったのだろう。 時間があれば、また、彼の作品を見直してみたい。

映画 かいけつゾロリ ラララ♪スターたんじょう

映画 かいけつゾロリ ラララ♪スターたんじょうゾロリは、完全なる善人ではなかった。 上手いだけでは、成功しないという普遍的なテーマは良かった。クライマックスのギターが壊れる展開は、意外だった。 子どもが耐えられる上映時間は評価できる。

X エックス(DVD)

X エックスポルノにホラーという安い組み合わせ。 典型的なB級映画。前半はダルかったが、後半はまずまず見れた。 足の裏に釘を刺すシーンは、痛かった。 正直、続編を作るほどの作品ではない。

NFTの教科書

NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来 天羽健介(著)増田雅史編(著) NFTビジネスに共通しているのは「唯一無二の権利等の何かを証明(正確には識別)できる」NFTならではの特性に加え、「価値そのもの…

ザ・メニュー

ザ・メニューかなりブラックな内容。 シェフの手を叩くシーンは、見応えあった。ユーザーの評価が低いのが気になったが、自分自身は楽しめた。 シュールな終わり方も悪くなかった。

ベイビー・ブローカー(DVD)

ベイビー・ブローカー是枝監督らしい、ヒューマンドラマだった。 ラストの曖昧な終わり方も、監督らしかった。しかし、ソン・ガンボの演技は素晴らしかった。 カンヌで男優賞を受賞したのも納得。

継承と創造 日本ラグビー 世界で勝利するためのオリジナリティー

継承と創造 日本ラグビー 世界で勝利するためのオリジナリティー 横井章(著) 結果を残せないチームが「自分たちのできないことをやろうとしているからだ」と私は考えます。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、実際に試合を見ていると、できないこ…

キングメーカー 大統領を作った男(DVD)

キングメーカー 大統領を作った男 金大中をモデルにした政治ドラマ。理想を語る政治家。 汚いても厭わない参謀。袂を分けた2人が再会するラストは、深みのある終わり方だった。

キミは、「怒る」以外の方法を知らないだけなんだ

キミは、「怒る」以外の方法を知らないだけなんだ 森瀬繁智(著)相手の「好き」を優先しよう! 相手の「大切なもの」を大事にしつつ、「本当はどんな関係を築きたいのか」という本心を素直に伝えれば、驚くほど関係が改善されるのです。

運動脳

運動脳 アンデシュ・ハンセン(著)あらゆる面で、いかに運動が良いかを、科学的根拠を交えながら説明した一冊。ジョギングがベストだが、ウォーキングでも可。週3回、20〜30分ぐらいが良いようだ。

東京2020オリンピック SIDE:B(DVD)

東京2020オリンピック SIDE:Bあまりにも滑稽で笑ってしまった。 これは現実に起きた、お笑い狂想曲。未来に残した、負のオリンピック。 また、日本に来る事はあるのだろうか?

歩きながら考える

歩きながら考える ヤマザキマリ(著) 世界の多くの男性が妻に求めるのほ、自分のダメなところを認め、どんなときも無条件に寄り添い、慰め、許してくれるかどうか、という点なのではないでしょうか。どこかで羽目を外すことがあっても最後には許してくれる…

東京2020オリンピック SIDE:A(DVD)

東京2020オリンピック SIDE:A河瀬監督らしい、ドキュメンタリーだった。 今思うと、負の遺産でしかないオリンピック。しかし、実際に戦ったアスリートには、この舞台に掛けて東京に乗り込んできた。 あらゆる国の選手を取り上げていた点は、非常に評価でき…

トップガン マーヴェリック(DVD)

トップガン マーヴェリック2度目の鑑賞は、前回よりも面白かった。 スカイアクションは、自宅鑑賞でも迫力があった。人間ドラマも、しっかり描かれていた。 トニー・スコットも、この続編には喜んでいるだろう。

犯罪心理学者が教える子どもを呪う言葉・救う言葉

犯罪心理学者が教える子どもを呪う言葉・救う言葉 出口保行(著) 繰り返しますが大事なのは内省です。自分の言動や考え方を振り返るのが苦手な子に対しては、「どうしてこういう行動をしたの?」「そのときどう思ったの?」と問いかけて内省を促します。「…

ブラック・フォン(DVD)

ブラック・フォンイーサン・ホークの悪役以外、見どころはなかった。 落ちが超能力というのはいただけない。最後まで、ハラハラする場面はなかった。 ホラーとしても、サスペンスとしても、中途半端な作品。

たちどまって考える

たちどまって考える ヤマザキマリ(著) そもそも人間の人生とは思い通りにならないものであり、どんな顚末も現象も起こり得るということを理解していれば、もっと楽に生きていけるはずなのです。パンデミックのストレスなのか、昨今、多くの人が小さなこと…

ただ悪より救いたまえ(DVD)

ただ悪より救いたまえとにかくド派手なアクション映画。 舞台がタイというところが、怪しくて良い。日本も良く描かれていた。 最後に主人公が死ぬのは、韓国映画らしい。

決算書ナゾトキトレーニング 7つのストーリーで学ぶファイナンス入門

決算書ナゾトキトレーニング 7つのストーリーで学ぶファイナンス入門 村上茂久(著)決算書の読み方を、ナゾトキの切り口で書かれていたのが面白かった。グロース株投資をすれば、大きなリターンが見込めますが、同時にリスクも大きいです。他方、バリュー株…

ダ・ヴィンチは誰に微笑む(DVD)

ダ・ヴィンチは誰に微笑むこれほど面白いノンフィクションはない。 過去は、都合のいいように読み解かれたから、このような混乱を招いたのだろう。しかし、それだけダ・ヴィンチは偉大ということだ。 今後、この絵画が陽の目を見るか興味は尽きない。