大人のたしなみ blog

映画、読書、旅日記をつれずれなるままに

2012-01-03から1日間の記事一覧

雨あがる(TV)

『雨あがる』 なんとも、黒澤監督らしい優しい時代劇だった。 主役の寺尾聰の配役も、主人公とマッチングしていた。 原作は山本周五郎の短編小説。 ラストもあえて結論を見せないで、想像させる終わり方は上手い!

バベル(TV)

『バベル』 菊地凛子がアカデミー賞にノミネートされた記念すべき作品。 3つの物語の交差のさせ方が絶妙だった。 こうした重たい物語は意外と好きだ。 アメリカ映画でありながら、全て異国の地を舞台にしたのも良かった!

リダクテッド 真実の価値(DVD)

『リダクテッド 真実の価値』 デ・パルマの描いたイラク戦争。 あくまでも、映画マニアの切り口はデ・パルマらしかった。 物語のテーマから、大きな盛り上がりはない。 イラク戦争をエンターテインメントにしなかったところが、デ・パルマらしかった。